farmar's talk NEO

キュウリ農家 "夢男"の考える農業のあれこれ…   →農業以外の話題は "pop" http://ftalkpop.hateblo.jp/ へ

つながり。つながる。

この時期は毎年忙しいといえば忙しく、暇であるといえば暇でもある時期。恒例の青色申告決算作業に加速がかかる時期なのだ。今年は雪が多いからビニールハウスの除雪がほんとに忙しかった~。除雪機がビニールハウスのビニールを破くのなんか当たり前。今年はパイプを曲げるどころの騒ぎじゃない。機械がパイプの間にはまってしまい、抜けないときた。それが何度も・・(泣)。言い訳だけど、そんなこともあって決算作業に取り掛かるのが遅かった。ようやく雪がひと段落すると、雑用がドサッと降りかかってきた。まるで屋根から落ちてくる雪のよう・・

f:id:Yumeo:20150206075231j:plain

その決算作業だけど、本当だったら二階の執務室の机(ただの自分の部屋。とても散らかっている・・笑)でするのだけれども、ここ数年、年齢のせいか足元がスースーして耐えられないので一階のコタツでやることが多い。コタツに書類を広げながらやるのだ。コタツだから書類は拡げ放題だし、お茶もお茶菓子も揃ってる。飽きたらテレビもの目前にあるし、疲れたら後ろにひっくりかえればすぐ昼寝できる、って、寝てる場合じゃない!。子供には、「コタツで勉強すると気が散るし、邪魔も多いから自分の部屋でしろ!」とか言うのだけど、肝心な親がそうできないという矛盾。ああ、説得力なし。

ここ何年か、決算申告ソフトは「らくらく青色申告農業版」というのをを使ってる。地元山形県謹製の農業会計ソフトだ。Windows で動くソフト。こういった会計ソフトは Mac には非常に少ない。いや、Windows でも油断できない。会計ソフトの会社自体がなくなったりは日常茶飯事。こうした仕事で使うソフトは同じソフトを安く使い続けることが重要だし、地元の応援の意味を含めて使ってやってる。いや、偉そうに言うんじゃない!このソフトはとてもうちの経営にあってて、とても使いやすいのです。失礼いたしました!

一昨年ずっと使ってたノートパソコンが不調になってから、とても売れ行きが悪かったという Surface RT を購入して会計作業に使ってる。なんで売れないやつを買ったのかというと、新しいMS Office が付いているということと、普通の Windows ソフトをインストールできないという不便さのおかげで、いろいろ入れて出る不具合を何も考えなくてよいという理由からなんだ。ソフトインストールできないでどうやって会計ソフトを使っているかというと、この Surface からネットワーク経由で二階のMacにリモートアクセス。その Mac で動いている VMWare Fusion という仮想マシン上の Windows XP で決算申告ソフトを使っているのだ。サポートが切れてセキュリティのまずい Windows XP で、大事な経営上のデータを扱っていていいの?と心配されたあなた!それは杞憂です。もう枯れてて何もするのにも不自由なOSだからこその安定と軽さ。農家の仕事同様、年寄りには年寄りの役割があるのです。

そんな毎年の風景なんだけど、今年のコタツ仕事はとても誘惑が多い。本に映画に音楽。インターネットに寄り道。映画なんか、今年入ってもう二〇本以上見てる。あまりにも除雪作業が多いし大変だったせいで、雪の降らない日が続くとどうしても安心しちゃんだよな。ともかく冬の日常は、夏の農家仕事とは全く違う世界ではある。あ、コタツ事務仕事は農家仕事か。あ、とにかく農業は生命の延々としたつながりではあるけど、これら文化的なものはは心というか、精神世界のつながりということなんだなと思うのだ、この時期は。

コタツの向かい側では嫁さんが読書したり、ミシンで縫物をしたりしてるのだけど、昨年コタツを大きくするまでは足と足とがぶつかったりして、若い時であればドキッとすることもあったろうが、もはや「足、ジャマ!」というようなことでしかない。おまけにコタツが巨大になったからぶつかりようがない。どうやら、この冬はつながりをひとつ失ったようである。