farmar's talk NEO

キュウリ農家 "夢男"の考える農業のあれこれ…   →農業以外の話題は "pop" http://ftalkpop.hateblo.jp/ へ

農閑期に隣町にまったりと行った・・の巻

隣町には、大宮子易両神社という歴史の古い神社がある。安産、子育ての神として有名なのだ。長女が生まれる前、ここにお参りして赤ちゃんの枕を枕を借りた。子どもの安産と成長を願ってお参りしたら、枕を借りてくるようなのだ。そして、産まれた後に二つにして返すのが習わし。つまり、倍返しだね(笑)。ところがうちの場合、長女が産まれてから次女が産まれ、そのあとはさらにさらにで、ドタバタして枕を返しそびれてしまってたのだ。それも十何年も…。とてもとても気にはなっていたのだが・・。そして、昨日、十一月二十二日、ようやく義務というか、借りというか、枕をお返しにいくことができたのでした。借りてから十七年。本当に長らくお借りしました・・。利子が付いて、二つじゃダメかも・・(笑)

f:id:Yumeo:20131122101114j:plain

次女が産まれた時にもお参りしたから、もう十五年以上訪れていなかったこの神社。全く変わっていない。あ、鳥居が新しくなったかも。社務所に連絡して枕を返したい旨を伝えたら、戸を開けて入ってどうぞ、だって。お参りしてから、新しい可愛い枕の積み重なっている一番上に持参の枕を二つお返しした。忘れていた初めて子どもができた時の記憶が一瞬頭の中をよぎる。でも、あの時とは違うわけで・・。う〜ん、確実に年月が経ってしまったのだ。あたりまえなんだけどね・・。*1


神社を後にして、町の中心部にある「アスモ」というショッピングセンターに寄ってみる。ここも前回来て以来・・(しつこいようだけど十七年前以来ね。笑)。なんか、イオンの小規模版といった雰囲気なのだけれども、なんだか、寂れてる。この町は大きな企業の城下町なのだけれども、例に漏れず、日本全体の景気の影響は確実に受けているわけなのだ。

別にこれといって用もないので、店内をぶらっと偵察。そして、これまた閑散とした書店に入る。寂れたショッピングセンターの寂れた書店だから、当然、品揃えも期待してなかったのだが、これがどうしてどうして、立ち読みしていて全く飽きない本屋だったのだ。どこの市町村でもそうなのだが、いて楽しいこじんまりな書店は絶滅の危機にある。雑誌やベストセラー中心の大型書店はどこも似たり寄ったりでおもしろくない。でも、ここは違った。なんというか、全般的に自分の好みに意外と合っていたのだ。歴史雑誌、手芸雑誌や女性雑誌の充実度は客層をあらわしているのかもしれない。で、買ったのはこれ。

『WIRED』 保存版特別号「WIRED×STEVE JOBS」 (GQ JAPAN2013年11月号増刊)

こんなところまで来てジョブズもないだろうというツッコミはなしにしてね・・(笑)。逆にここにまで「WIRED」誌とジョブズの本があることがすごいかも。十七年ぶりに訪れた店で、アップル社のこれまでの苦難の歴史を書いた本を買うというのも、古くからのMacユーザーだった私にまさにぴったりではないか。

と、そんなことを思いつつ、書店を出たら目の前に花屋があった。これまた小っちゃい花屋コーナーでちょっとのぞいたら、きれいなドライフラワーが壁に掛かっている。聞いたら一束三百円だという。えっ、ドライフラワーがさんびゃくえん!安い!ということで、リース材料として四束お買い上げ〜。

f:id:Yumeo:20131122174525j:plain


お昼になって、たまたま見つけた「味処 藤よし」という料理屋さんでヒレカツ御前を食べる。なかなか良し!


帰る道中、国道一一三号線沿いに森林組合の蕎麦屋&直売所がある。一回も寄ったことのないお店なのだが、今回は「隣町へまったり」なのだから、とわざわざ立ち寄ってみる。当然、季節外れでもあるので山菜の瓶詰めとかそんなものしか無い。ふと、店の隅を見ると棚にぶどう蔓やあけび蔓で編んだバッグが置いてある。値札を見るとそれぞれ二万五千円、五万八千円・・。とても良いものなのだが、パッと買える代物ではない。するとお店のおばちゃんが「とっておきのものがあるんですよ〜」と見せてくれたのが、店頭にあるものよりも出来がいいあけび蔓バッグ六万三千円。まさに「う〜む」である。いろんなことを考えつつ、お店を後にする。


といったような取り立てておもしろくもない出来事。ところが、滅多に行かない隣町のまったりはとても楽しかったのだ。まるで旅行気分。非日常であることが、いかにワクワクするかということを思い知った。

あ、ラジオで十一月二十二日は「いい夫婦の日」って言ってた。図らずも・・。う〜む。

*1:この神社には「男石・女石」があったらしい。知らなかったから、見てなかったよ。う〜む、深い・・。[http://hamadas.exblog.jp/6718414]