farmar's talk NEO

キュウリ農家 "夢男"の考える農業のあれこれ…   →農業以外の話題は "pop" http://ftalkpop.hateblo.jp/ へ

「キュウリ」ボールペンをもらった

嫁さんが夏に実家に帰省した時、彼女の妹からのお土産として「キュウリ」型のボールペンを持って帰ってくれました。実は私はキュウリグッズマニアなのです。マニアといってもコレクションは非常に少ないんです。なぜなら、キュウリをかたどった商品そのものがマイナーだし、レアなのです。それで、今回キュウリのボールペンを持って帰るということを聞き、飛び上がるぐらい喜びました。ところが・・。


f:id:Yumeo:20121005030115j:plain

この画像のどれがキュウリ・ボールペンなのかおわかり? もうわかりましたね、中央がそれなんです。でも、なんかおかしい。明らかに形がおかしい。いや、おかしくないとも言える・・。

左端のが由緒正しきキュウリ。規格でいえば、A品です。右端のはこのキュウリ・ボールペンにそっくりなキュウリ。先日、収穫していて見つけました。

このボールペンと同じ形のキュウリ、先太で膨らんでいて、それでいて中央はグッとくびれていて、いわゆるグラマラスな形です。でもこれはキュウリ農家的には規格外品で「肩こけ尻太」というやつなんです。水分、日光、肥料などの不足でこのような果形になるのです。良くないキュウリ・・。


なんで、この良くないキュウリと同じ形のボールペンが存在するのか・・。きっと、キュウリのボールペンを商品化するに当って、以下のようなやり取りがなされたと予想。

「ボールペンのデザイン見本としてキュウリ買ってこい!」
「スーパーは品切れでした」
「なんとか探してこい!」
「探し回って農家から無理に譲ってもらいました。これでどうですか?」
「おお、これでいいよ。充分充分」

と規格外品のキュウリをサンプルとして使ったのではないでしょうか。ボールペンとして使うならば、当然、真っ直ぐなキュウリが適してるはずです。でも、手に入るキュウリがこれしかなかった・・。キュウリのプロじゃないから、キュウリの善し悪しはわからない。おまけに鮮度が悪い証拠である「キュウリのトゲが溶けて、白くなった」ボツボツまで再現されています。う〜ん、こうなるとこのボールペンはかなりリアルに再現されているともいえます。でも、微妙・・。


でもね、この「規格外キュウリ・ボールペン」、予想外に手に持ちやすく、書きやすいのです。もう、お気に入りの仲間入りです(笑)