farmar's talk NEO

キュウリ農家 "夢男"の考える農業のあれこれ…   →農業以外の話題は "pop" http://ftalkpop.hateblo.jp/ へ

「ときめかない」本を何冊か処分したの巻

最近、新古を問わず書店に行くことが多かったので、文庫、新書、単行本など二十冊ほど増えてしまった。本屋に行くのはもとから好きなのだ。買うかどうかはときめく本があるかどうか。最近はときめきが多かったのだ。あと、必要に迫られてあるジャンルの本をネットで古本を探したり、三冊だと送料無料キャンペーン中だとか、あと数百円で送料はかかりませんよ、なんて言われるとあと一冊だなんて思って、本当に読みたい本の一段下ぐらいの興味のものを追加しちゃう。なんて、上手な商売なのだ。

そんなこんなで増えた本は、新たに本棚でも買わないと入らなくなってしまった。本棚に入っている本は大体が既読のものなんだが、積んでないけど並べてる「積読」も結構ある。積読は「買ったときは必要だったけど、その内容が楽しさからは一段落ちだから後回しになっちゃってまだ読んでないんだ本」「以前、新刊書で出た時は興味ありつつも、他に買うものもあったからスルーしたけど、古本屋で見つけて安かったから買っちゃった本」たちが多い。考えてみれば「本当に読みたくて読みたくて買ったよ本」は買ってすぐ読んでる。すぐ読む本は「好きで好きでたまらない憧れの人」なんだろうね。そうなると読んでない本たちは、言わば「どちらかというと好きなんだけど、僕には他にも好きな人がいるんだ!」な本か。

その憧れの本も、本屋で手に取って惚れた本はとことん好きになる確率が高いのだけど、誰かの紹介でネットで買ったりすると拍子抜けすることも多々ある。紹介してくれた人が自分と似たような感じだとうまくいくのだけど、口が上手でいいことばっかり言っていたりすると、望んでいたのとは違った付合いになってなってしまうのだ。あれ、いつの間にか、女子との付き合いの話になっちゃった(笑)。ともかくそんな感じなのだ。

自分の処理能力や仕事の忙しさ、はたまた、これから想定残された時間とかを考えると、何でもかんでも読みたい本をすべて読むことは不可能なのははっきりしてる。誰かが書いてた。「思い切って積読は処分してしまいましょう」と。さすがにこれは無理そう。買ったばかりの本もあるし、そもそも、もう手に入らなさそうな本もある。そんなこんなで、今回の処分となるのだ。

とりあえず、新刊、古本で買った本を問わず「ときめかない本」を取り出した。う~む、ちょっと気になるけど、気になっただけ、本当は好きな子は別にいるんだ、的な本が多い(笑。まだ言ってる)。あと、雑誌。それで合わせて四十冊ぐらい。だいぶ減った。まだまだあるけど、若い時の「ときめき本」は絶対に捨てない。あと、選びに選び抜いた農業本も捨てられない。どんなに赤茶けようとめったに開かないとしても、それらの本はそういう段階の本ではないのだ。スピリットなのだ。といいつつ、そのスピリットも化石になるか、消滅するのだろうな。ものにこだわる自分がまだまだなのだなと、ある意味安心するのだった。

長野旅行記・その二

高速で松本に着いて松本市美術館に向かう。美術館は松本駅から一〇分ぐらいなところにある。駐車場に着いたらまさかの満車。道も混んでるし、取りあえずグルッと一周して再び駐車場へ。今度は他の車が出たようですんなりと止めることができた。早朝出発の長旅だったのに、初めての松本市美術館なので足取りは軽い。入り口で出迎えてくれたのはカラフルな巨大な花。草間彌生さんの作品「幻の華」だ。

The Visionary Flowersflic.kr

松本行きが決まった時からこの美術館には行くつもりでいた。草間さんの存在を知ったのは前にテレビの特集番組で見てからのこと。世界に誇る美術家は日本人は何人もいると思うけど、この年齢でポップアートというのは何も知らなかった僕の度肝を抜いた。彼女が松本出身だと気付いたのは長女の長野行きが決まってからなのだ。

美術館受付に行って料金を払おうとすると、特別期間で無料だという。う〜ん、これだけで松本の好感度アップ(笑)。この美術館には草間さんの常設展がある。今展示されているのは「魂のおきどころ」と題した特集。草間さんの初期の作品から現在までの作品をたどることができる。

Matsumoto Gallery Kusama Yayoiflic.kr

草間さんについては水玉が好きなアーティストであるということ以外は正直、よく知らなかった。ところが、この美術館に来てホンモノの作品を見てみるとその作品の迫力に驚いた。壁一面から彼女の想いがあふれ出していた(ように感じた)。それと同時に初期の松本時代の作品が僕の心を揺さぶる。「枯れたトウモロコシの葉」という水彩画は彼女の今の作品からは考えられない地味なものだった。現在よく見る彼女の作品と違い、身近な題材を描いていたことに驚く。農作物、いや、生に対する彼女の想いが展示室に入った途端に感じることができたのだ。その後の「愛はとこしえ」シリーズ、「わが永遠の魂」シリーズなどの作品を見て確信した。彼女はこの田舎とその生活、自然を愛していたのだと。黄色くドットで描いた「かぼちゃ」なんて、農家な僕には感動ものだった。(追記・こう書いた後、先ほどアマゾンから届いた『無限の網 草間彌生自伝』を読んだら、僕の彼女の絵への印象は全く的外れなものだとわかった。彼女は松本時代、いや日本そのものを息苦しく感じていたのだ。海外生活から日本に戻ってからの松本の自然、変わらない美しさは彼女の心の安らぎになったことを知り、作品を見た印象はこれだったのかと思った。)

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)

無限の網―草間彌生自伝 (新潮文庫)

一通り見終わって、ミュージアムショップをのぞく。何か草間さんのものを買いたかったのだ。ショップを覗いて驚いた。狭いのにとても品揃えが豊富なのだ。嫁さんや子供たちも楽しそうに自分のものや友人へのお土産を選んでいた。僕は「愛はとこしえ」のクリアファイルと本を何冊か、絵はがきを数枚買った。実は絵はがきに関して、ここ最近マイブームがある。「美術館に行ったら友人に絵はがきを送ろう」キャンペーン期間中なのだ。「自発的無理矢理的好み押しつけ的勝手にするぜ的」方針で、美術館に行ったらそこに展示していた作品の絵はがきを送るのだ。送られた方は何が届いたとかとびっくりするのかもしれないが、それは基本的にどうでもいいのかもしれない(笑)。作品を見て感じた気持ちや興奮を誰かに向けたいだけなのかもしれないな・・。感情のプチ爆発なのだ。「げーじつはちょびっとはねるのだ。」(笑)

時間短縮のため、美術館のレストランでお昼にした後、近くのお洒落店「栞日」に行った。ここは長女おすすめでうちの女子がとても行きたがったのだ。店は非常に狭いけど素敵な商品、特に書籍というかなかなかまとめてみられないレアな雑誌や地方出版物が多い。誘惑を抑えきれなくて、ここでも本を買う。その後、息子と一足先に出て車を取りに行った。息子はお洒落でも限界いっぱいなのだ。女子はもう少しいたいらしい。車に戻る途中の歩道でマンホールの蓋に気が付いた。ただのマンホールの蓋ではない。最近流行のカラフル蓋なのだ。これは素敵だ。うちの田舎と違う。

Manhole Designflic.kr

松本に来たら忘れてはいけないのが松本城だ。他のお洒落なお店は別として「老若男女を問わずここを見ずし松本はない的観光地」松本城に向かう。今日明日は奇跡的に天気がいいらしい。実家はずっと雨らしいが、ここは上着も着なくて平気なぐらい気温が高く、気持ちのよい青空が広がっている。松本城内の公園は人がいっぱい。外国人観光客の多さに驚く。

f:id:Yumeo:20160108181550j:plain

再建されたコンクリート造りの城はいくつか入ったことはあるが、そのまま残ってる城は初めて。コンクリートの城はスカスカで、松本城の柱の多さに驚く。列を作って順番を待ちながら、ふと考えた。急な階段はうちの土蔵のそれと同じような感じ。靴下で歩く板間の独特な柔らかい感触も。城って蔵が何層も重なっているようなものじゃないか。と、とても城主に無礼なことを言ってみる。うちの家族は昔のものに慣れてるということなんだ(笑)

(つづく)

Matsumoto Castleflic.kr

長野旅行記・その一

長野の学校に行っている長女が帰省していたのだが、正月開けて帰るのに新幹線は帰省ラッシュで大混雑だし、切符代も節約ということで、長野へのプチ家族旅行を兼ねて送り届けることにした。で行ってきたことを少し。

「あたしはここを出て暮らして勉強したいの!」と昨年の今頃、受験を前にして大啖呵を切っていた長女。しかしその後は受験の山あり山あり谷あり谷ありを経て長野県の住民となったのだが、最終的に決まった学校は結果的に自分の希望ぴったりの内容だったらしく、充実した日々を送っている模様。二十数年前若かりし頃に長野のスキー場には行ったことがあった私たち夫婦も、娘の進学で初めて訪れた長野市。盆地で何となく山形県に似たところもあるし、善光寺界隈は何回行っても楽しめそうなので私たちもこの土地をとても気に入ってしまったのだった。姉が楽しく暮らしてるその魅力的な長野をこの目で見てみたい。いい話を多く聞いて姉弟たちも皆そう思っていたようだ。

そんなこんなでバタバタと計画した今回の家族旅行。当初は家族全員でと思って宿を予約し、松本市長野市の二泊で予定。ところが高校受験を控えた三女がさすがにこれはまずいと思ったらしく「あたしは行かなくていい」宣言。そうだよね、さすがにね・・。俺もそうかとは思ってたよ。最近、全員がそろわない我が家のお出かけ。父としては持っているカードを全部並べたい。いつもは三月末に行ってる旅行。例年以上に予定が立たない今年。なれば今ならと滅多に遠出しない正月明けの旅行の段取りは・・。やっぱりそろわなかったか・・。

暖冬の影響もあって、今年はありえない気温の高さ。日本海の冬型の天気なのでどんよりとして湿っぽいのだが、何せ気温が高いから雪にならない。年が明けてから毎日雨だ。そんな土砂降りの早朝、松本に向けて暗いうちに出発する。新潟に至る国道113号線は冬だと凍結する場所がある。この旅行を計画してからそれだけが心配だったのだが、暖冬ゆえの真冬にはあり得ない雨で凍結の心配は無い。なので、道中は逆に安心だった。いつもは出発するとすぐに寝る子供たちも今回は何だかハイテンション。車の中で子供たちは妙に難しい話題で盛り上がってしまった(日本史がどうたらこうたらとか)。何年か前の旅行の雰囲気とはまったう違う。まだ着かない、飽きた~、 のど乾いた~、なんて大騒ぎになることもない。末っ子男の子も夏の終わりに声変わりしてから、何だか言うこともオトナっぽくなった。う〜ん、彼らに確実にオトナ化しているのだ。


f:id:Yumeo:20160106103108j:plain


新潟市内を過ぎて南下すると空が明るくなった。しばらく走り続けると正面には妙高の山々と次第に広がる青い空。太陽の光と子供たちの笑い声が気持ちいい。急ぐ旅ではない。どんどんと他の車に追い越されて、ゆっくりとゆっくりと僕たちの乗った車は高速道路を走る。途中、一回の休憩だけで五時間ちょっとで目的地松本市に到着。

国宝の松本城で有名な松本市。ネットでも雑誌でもいいところだという声がたくさん聞こえる。長女も一人で訪れて街歩きを楽しんだらしい。絶対に飽きないという。そんな長女の押しもあって松本を目指したのだ。城以外にも松本の売りは多いらしい。古本屋や雑貨屋、アンティークのお店などなど。でも、最大の目的は松本美術館なのだ。

松本美術館にはある偉大なアーティストの作品が常設展示されている。国際的に名高い草間彌生さんの作品なのだ。何年か前にNHKで彼女のドキュメンタリー番組を見た。色鮮やかなドットがとてもまぶしかった。おばあちゃんなのになぜにこのような派手でポップな作品が生み出されるのだろうか。不思議に思った。一度作品をこの目で見てみたいと思ってた。長女のおかげで見ることができるとは夢にも思わなかった。それぐらいこれまでは長野県も草間さんも遠くて縁遠い土地だったのだ。
(つづく)

ハイテクなキュウリ栽培管理は遠い。のかっ!

ここんとこ、とても暖かくてどんどん雪が解けてきた。嬉しい!確定申告も終わって、昨年末に雪で中途半端になってたビニールハウスの中を片付け始める。雪で運び出せなかったキュウリ残渣を処理。それと、この大雪の除雪作業で機械で傷つけてしまったハウスの補修。満身創痍のハウスちゃんなんだ!

f:id:Yumeo:20150308193558j:plain

この写真の部位なんてまだまだたいしたことない。ビニールを押さえているレールがグチャグチャに曲がって破れているところなんて、涙無くては直せないぐらい・・ほんと!

でも、ビニールハウスは新品のピカピカであっても傷だらけでも、中に育つキュウリに基本的に関係は無い。とにかく、よく育ってくれることが肝心なのだ。


さて、今年の無加温ハウス栽培のキュウリを育てる上で注意したいことがある。土壌水分の管理。どんな畑作物でも水分は大事である。露地栽培であれば、基本的に水分はお天気次第。雨が少なければポンプで灌水する。問題はハウス栽培のキュウリなんだ・・。ハウスはたとえ雨が降っていても中の周辺部にほんの少しの水しかしみ込まない。だから常にポンプでくみ上げた地下水を灌水してる。

キュウリの植わっている定植床のビニールマルチは、ハウスに四列奥行約六〇mなのだ。そのマルチの中に這わせた灌水チューブからじわじわっと水を出す。どれくらいの量を灌水するかがまた迷う。キュウリの参考書にはたいてい「団子状して、握ると軽く崩れる程度の水分量」というな感じで書いているのだけれども、これがまた難しい。マルチの中に手を入れて、確認しながら、水を出す時間を加減するのだけど、ものすごく感覚的いい加減さ。いや、これぞ適当量ということ・・なんだけどねえ。また、忙しいときには、単純に時間を決めて水を出す。油断するとかけすぎということにもなってしまう。

きっとね、流量計とか、電磁弁でタイマー灌水だとか、お金かければそれなりの機器によって、快適なキュウリ栽培管理生活が手には入るのだと思うけど(手に入れたいのはそれじゃない!)、いろんな意味で問題もあって踏ん切りがつかない部分ではある。

そんなとき、貧乏なキュウリ農家のそんな悩みを解決しそうな機器を見つけた!

f:id:Yumeo:20150307140338j:plain

さっそく買ってみた。これを植物の根元に差すと気温、土壌水分量、日照、肥料具合のデータをBluetoothスマホに送ってくれるらしい。キュウリのハウスはまだ準備中なので、部屋に置いてあるオリーブの木の根元に差してその機能を試してみた(続く)